板橋区大山の司法書士事務所「城北法務司法書士事務所」

相続・遺産分割・遺言・売買・贈与・抵当権抹消・会社登記・成年後見・裁判などの各種ご相談は、お気軽にどうぞ。

  TEL 03-3958-8070
  (営業時間:平日9:00〜18:00)
  〒173-0023 東京都板橋区大山町24番4号 安藤ビル1階(大山ハッピーロードすぐ)
司法書士とは?

司法書士って何する人?

 「司法書士って何する人?」と聞かれることがたまにあります。
 皆様が普通に日常生活を送る上では、ほとんど接点の無い業種であるため、当然の質問です。また、弁護士と違い、ドラマや映画で扱われることも少ないため、具体的にどのような仕事をしているのかよく分からないという方も、多くいらっしゃるものと思います。

司法書士の業務

 では、実際に司法書士は普段何をしているのでしょうか?
 ここでは司法書士の仕事について、簡単にご説明させて頂きます。

※司法書士法第3条に、司法書士の業務が細かく規定されておりますが、ここでは主要なものを簡潔にご紹介いたします。

【登記】
 司法書士業務の柱とも言える登記ですが、登記にも主に不動産登記と商業登記があります。
 ①不動産登記
  不動産(土地・建物)に売買・贈与・相続等があり、不動産の名義人が変わる場合や、金融
 機関に不動産を担保に出す場合などに、法務局に対してする登記です。
 ②商業登記
  新たに会社を設立する場合や、役員が変わる場合、会社の住所を変更する場合などに、法務
 局に対してする登記です。

【成年後見業務】
 近年注目されている成年後見制度ですが、司法書士は家庭裁判所の審判により、成年後見人等になることができます。司法書士には、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートという団体が存在し、成年後見業務を行う司法書士は、リーガルサポートの会員となる必要があります。そして、家庭裁判所及びリーガルサポートの監督の下に、成年後見業務を行います。近年、様々な専門家が家庭裁判所により成年後見人に選任されていますが、その中でも司法書士の数はトップクラスです。

【裁判書類作成】
 司法書士は、裁判所に提出する書類の作成を行うことができます。裁判所に提出する書類と言っても様々なものがありますが、訴えを起こすときの「訴状」はもちろん、訴えられたときの「答弁書」や、家庭裁判所に提出する「相続放棄申述書」、「遺産分割調停申立書」、「離婚調停申立書」、「不在者財産管理人選任申立書」などなど、様々な書類の作成を行います。ただし、この場合、司法書士は代理人ではないので、書類提出後のお手続きはお客様ご自身で行って頂く必要がございます。
 また、ただ書類を作成するだけではなく、お客様がご自身で裁判を行う際に、書類作成を通じて、裁判の追行を初めから最後まで支援することもできます(本人訴訟支援)。

【簡易裁判所での代理訴訟】
 法務大臣の認定(簡裁訴訟代理等関係業務認定)を受けた司法書士は、争いの金額が140万円以下の訴訟について、弁護士と同じく、代理人として示談交渉や裁判を行うことができます。この場合は、上記の裁判書類作成と異なり「代理人」となるので、裁判手続きのほとんどを、代理して行います。
 140万円を超える訴訟や、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所のお手続きは代理できませんので、ご注意下さい。

本人確認について

 司法書士がお手続きのご依頼をお受けする際には、必ずご依頼者様の本人確認を行うことが法律で義務付けられております。近年様々な業種で本人確認が厳しくなっておりますが、司法書士もその例外ではありません。
 具体的には、ご依頼者様にお会いして、運転免許証やパスポート、保険証などの本人確認書類の確認をさせて頂きます。お客様にはご面倒をお掛けしますが、何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます(本人確認ができないご依頼に関しましては、お断りさせて頂く場合もございますので、ご了承下さい)。

専門家に頼むメリットとは

司法書士は「まちの法律家」
 司法書士にご依頼頂けるお手続きには、登記手続、成年後見業務、裁判書類作成、簡易裁判所での訴訟代理などなど・・・様々なお手続きがございますが、基本的には、全てお客様ご自身で行うことも可能です。
 しかし、これらのお手続きは専門的な知識や経験が必要となり、また、お手続きに必要な書類を集めるだけでも一苦労となるケースが多々ございます。
 そこで、「まちの法律家」とも呼ばれる司法書士にご依頼頂いた場合は、お客様のご負担を少しでも軽くするべく、必要なお手続きの多くを代行することが可能です。

当事務所にご依頼頂いた場合のメリット
 当事務所にご依頼頂いた場合のメリットは、次のようなものが挙げられます。
①お手続きが迅速に完了します。
②基本的には、1〜2回程度事務所にお越し頂くだけで、あとのお手続きは当事務所が行います。

 ※ご来所が難しい方には、こちらから伺うことも可能です。
 ※裁判や、案件の種類によっては、複数回の打ち合わせが必要となることもございます。
 ※ご依頼の内容によっては、お客様ご自身に行って頂くお手続きもございます。
③面倒で複雑な書類集めも、当事務所が代行して行うことができます。
 
※書類の種類によっては、代行取得ができないものもございます。
④事実関係を正確に把握し、その上で最善の方法をご提案し、後日トラブルが起きないように万全
 を尽くします。


 などなど・・・様々なメリットがあります。
 もちろん、司法書士に頼むことによって「報酬」が発生しますが、皆様の貴重なお時間・労力と比較して、ご検討下さい。